契約期間満了前に契約を解除したい場合

賃貸契約を結ぶとき、契約期間が決められているときと決められていないときがあります。
決められているときは、契約期間前に更新をするかどうかなどを決めます。
決められていないときは特に更新の話はありません。
利用したければいつまでも利用できます。
そして退去したいときには、いつでも退去することが可能です。
ただ、貸主としては、急に退去するといわれても困る場合があります。
次の入居者を探す必要があり、準備も必要になるからです。
通常は契約書に退去時の事前通知のことなどが記載されています。
1箇月前までであったり、3箇月前までなどと書かれていることが多いです。
法的な決まりはありませんが、少なくとも30日前までとする定めがあります。
もし契約書にないのであれば、定めの通り30日前に行うと良いでしょう。
もちろん都合があってそれ以内に退去しないといけない場合もあります。
わかった時点で貸主に相談し、賃料の相談をすると良いかもしれません。

一級建築士による設計・プランニング
細かな要望・希望にしっかり沿った理想の家に

便利でおしゃれな住まい

からだに優しい家

注文住宅 山科
ロイヤル住建の空気をキレイにする家とは?

低所得者向けの低価格有料老人ホーム
まるで自宅のようなすごしやすさが特徴です

最新記事

  • 不動産は、資産の一つとして数えられます。
    ですが、現金とは違って、年々その価値を減少させていく …

    関連ページ①

  • マイホームを所得する場合は、建ててある物件を購入する場合と、注文住宅のように土地を購入して建てる場合 …

    関連ページ②

  • 銀行の融資となりますと住宅ローンが一般的に考えてイメージしやすいと考えられますが、不動産投資につきま …

    関連ページ③